健康食品として親しまれている青汁の歴史

健康食品として親しまれている青汁の歴史 > 青汁が苦手な場合の飲み方などについて

青汁が苦手な場合の飲み方などについて

健康の事を考えると青汁が気になるけれど、味が不味くて飲めない、続けるのは無理と感じている人も多いでしょう。 最近ではハチミツは抹茶を加えたり、独自の配合でより飲みやすい状態にしてくれているものも増えてきました。

それでもまだあの味が苦手な場合は、飲み方を変えてみる事をお勧めします。 青汁は粉末状になったものが多く売られています。 液体で売られていると飲料というのは意外と加工しにくいものですが、粉末は色々と加工が簡単です。

シンプルに青汁の味に慣れてしまいたい場合は、元の配合に、ハチミツか、きな粉をプラスするのがお勧めです。 砂糖でも良いのですが、健康の為に飲むのですから、より健康的なハチミツがお勧めです。

最初は少し多めでもいいですが、慣れてくると徐々に加える量を減らしていくと良いでしょう。 ハチミツはきな粉を加えた位じゃ飲めない場合は、バナナジュースなどに加えてみるのもお勧めです。

ミキサーでバナナジュースを作り、そこに青汁を混ぜて飲むと、かなり独特の味が抑えられます。 もっとシンプルに簡単にと思えば牛乳で割っても飲みやすくなります。 青汁は必ずしも決められた分量の水で割って飲まなければいけないという事はありません。

自分が一番飲みやすいと思える状態にして、まずは少しずつその味に慣れていきましょう。 それを毎日続けていくと、味に抵抗がなくなり、自然と飲めるようになっていきます。 そして、必ずしも飲まなければいけないと思う必要もありません。毎日ヨーグルトを食べる方なら、そのヨーグルトに混ぜて食べるという方法もあります。

それ以外にもホットケーキミックスに入れたり、もちろん他のお菓子を作る際に少し入れたり、色々と日常に取り入れる事で、少しずつその味に慣れていくという方法も可能です。一口飲んでみて、これは無理、続けられないと諦めてしまうのは、健康を考えると勿体ない事です。 諦める前に、色々と飲める方法を試してみる事をお勧めします。